HOME > 2018年のコンサート&イベント > 高橋幸江ヴァイオリンコンサート「希望」

過去のコンサート&イベント

HOME > 2018年のコンサート&イベント > 高橋幸江ヴァイオリンコンサート「希望」

高橋幸江ヴァイオリンコンサート 「希望」

 このコンサートは、「希望」というテーマを根幹に、プログラムを構成したコンサートです。希望を伝える音楽、希望を込めた音楽、希望を宿した音楽、それぞれの作曲家の方の心の世界から無言に現れる「希望の光」を、ヴァイオリニストの高橋幸江とピアニストの篠崎のぞみとで協演し表現したいと思っています。
 ヴァイオリンとピアノは言葉で表現できない繊細で豊かな世界を表現できる楽器です。ご来場下さる皆様へ作品の奥の世界を十分に伝え、自身も心を重ねて十分に表現できるよう挑戦します。

高橋幸江(ヴァイオリン)
篠崎のぞみ(ピアノ)

日時
2018年10月13日(土)
13:30開場 14:00開演
会場:西方音楽館 木洩れ陽ホール
チケット
全席自由 一般3,000 /高校生1,500 円/ 小中学生無料
曲目
J.S.バッハ

ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第3番ホ長調BWV1016

モーツァルト

ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第35番ト長調K.379(373a)

フランク

ピアノとヴァイオリンのためのソナタイ長調FWV8

J.S.バッハ

ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041より第2楽章

お申し込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp
■栃木市栃木文化会館
TEL:0282-23-5678
■小山市立文化センター
TEL:0285-22-9552
■佐野市文化会館
TEL:0283-24-7211
■栃木県総合文化センター
TEL:028-643-1013
お問合わせ
TEL:090-5585-6263(高橋)




高橋 幸江 (ヴァイオリン)

栃木県栃木市に生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。栃木県立栃木女子高等学校を経て、東京音楽大学卒業。 学生時代に第26回栃木県学生音楽コンクール、第6回日本演奏家コンクール、 第1回レガシィ・ヴァイオリンコンクールで第1位を受賞し、 レガシィ・ヴァイオリンコンクールでは併せてヤマハ賞、審査員特別賞を受賞。 2003年、2004年浦川宜也ヴァイオリンセミナーに参加。2007年東京音楽大学より短期留学奨学金を得て、 ザルツブルグ・モーツァルテウム国際サマーアカデミーに参加、Igor Ozimに師事。 2006/2008年音楽集団グルッポムジチーニ主催オーケストラに参加、「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」等を演奏、好評を博す。 2009年フリーのヴァイオリニストとして活動を開始、ソロ、室内楽、オーケストラ等で演奏する傍ら、 ブライダルやセレモニー奏者としても働く。2011年栃木市に高橋幸江ヴァイオリン教室開室。 2015年10月「バッハ/シャコンヌ」等を収録した1stアルバム「ゆきえ」を発売。 同年より、日本に古くから伝わる音楽を掘り起こして、 音楽の生まれを解説しながらヴァイオリンとピアノで演奏するコンサートシリーズ「日本の心と魂」を始める。 また、日本神話やアイヌ神謡の「カムイユカラ」、アイヌ民話を、民族に伝わる音楽の演奏と共に伝える活動も行い始める。 2016年よりリサイタルシリーズ「J.S.バッハ 大作 “無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ”を弾く」を開始。 同年、神奈川県川崎市に高橋幸江ヴァイオリン教室百合ヶ丘教室を開室し、川崎市での演奏活動も始める。 2017年よりリサイタルシリーズ「魂が動く」を開始。プライベートでは数年前から滝行を行い心身を浄化し、演奏の感覚を深めている。ヴァイオリンを阿久津雅志、尾花輝代充、松原勝也、井上将興各氏に師事。 室内楽を横山俊朗、中村静香、大谷康子、齋藤真知亜各氏に師事。

篠崎 のぞみ(ピアノ)

栃木県宇都宮市に生まれ、5歳よりピアノを始める。2001年下野新聞社主催栃木県ピアノコンクール3,4年生の部最優秀賞受賞。2003年同コンクール5,6年生の部最優秀賞、及び大賞受賞。2006年栃木県ジュニアピアノコンクール中学生の部優秀賞受賞。2007~2010年ウィーン国立音楽大学、ウィーンコンセルバトリウム私立音楽大学、フライブルグ音楽大学にて、春期、夏期と年に2度マスタークラスを受講。2007、2009年ドイツ・ベルリンにて独日協会主催 「若手日本人ピアニストコンサート」に招待され、大成功を収める。2008、2009年大阪国際ピアノコンクール高校生の部 ファイナリスト。2011年ウィーン・コンセルバトリウム私立音楽大学ピアノ科入学Prof.Karl Barthに師事。2015年 3月ウィーン・コンセルバトリウム私立音楽大学 ピアノ科Bachelor を優秀な成績で卒業。留学中、オーストリア国内で数々のコンサートを行う。帰国後、地元宇都宮にて帰国記念ピアノリサイタルを開催し、好評を博す。現在、演奏活動、または作新短大の非常勤講師として後進の指導に努めている。これまでに、仲山笑子、Prof.Karl Barth、Prof.Roland Batik、Prof.Michael Leuschner、Prof.Wolfgang Watzinger、Prof.Jan Gottlieb Jiracek に師事。

篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器





まず、西方音楽館 木洩れ陽アップルパイ を販売します。









「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く