HOME > 2019年のコンサート&イベント > 第37回木洩れ陽音楽談話室

過去のコンサート&イベント

HOME > 2019年のコンサート&イベント > 第37回木洩れ陽音楽談話室

木洩れ陽音楽談話

生演奏とコーヒーとお菓子で心安らぐひと時はいかが?

演奏

成岡 明子(なるおか めいこ) (チェンバロ、ピアノ、オルガン)

日時
第36回 2019年7月28日(日)11:30~14:00
特別企画
1回目 生演奏 11:30〜13:00
●チェンバロ
・皇帝フェルディナンド 3世の哀歌 フローベルガー
●ピアノ
・悲愴ソナタ 第 2楽章  ベートーヴェン
・ソナタ K545  第 1楽章 モーツァルト
・ソナタ 第 2番 葬送 第 3楽章 ショパン
・仔犬のワルツ ショパン
●オルガン
・かっこう ダカン  他
2回目 生演奏 13:15〜14:00
●チェンバロ
・ブランロシェ氏の死に寄せる追悼曲 フローベルガー
●ピアノ
・月光ソナタ 第 1楽章 ベートーヴェン
・ソナタ k331 3楽章トルコ行進曲 モーツァルト
・ソナタ  L23/K390 スカルラッティ
・練習曲 別れの曲 ショパン
●オルガン
・かっこう ダカン  他
成岡 明子(なるおか めいこ)
桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。神奈川県立音楽堂推薦音楽会、新人演奏会出演。内藤彰指揮ニューシティ管弦楽団とコンチェルトで共演。
2006年、2009年に横浜にてリサイタル開催。2012年、2014年、2016年、東日本大震災復興支援リサイタル「祈りのバッハ」を 開催。ピアノを中山靖子氏、米元えり氏、奈良康佑氏、チェンバロを坂 由理氏に師事、パイプオルガンを近藤岳氏に師事。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室「相模原教室」にてピアノとソルフェージュを指導。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本チェンバロ協会会員。
参加費
定員30名 お一人様1,000円 両方聴く方は1,500円(要予約)
場所
西方音楽館 馬酔木の蔵、木洩れ陽ホール
備考
演奏中以外、出入り自由
昼食の持ち込み可
お申込み
■西方音楽館
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
E-mail: info@wmusic.jp

篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器





まず、西方音楽館 木洩れ陽アップルパイ を販売します。









「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く