HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第60回コンサート 

過去のコンサート&イベント

HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第60回コンサート 

西方音楽館友の会 第60回コンサート
鈴木秀美(チェロ)&小倉貴久子(フォルテピアノ)
デユオコンサート

鈴木秀美(チェロ)
小倉貴久子(フォルテピアノ)

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月14日(日) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
L.v.ベートーヴェン : モーツァルトのオペラ《魔笛》から〈恋を知る殿方には〉
によるクラヴィーアとチェロのための7つの変奏曲 変ホ長調 WoO46
L.v.ベートーヴェン : チェロとクラヴィーアのためのソナタ ト短調 第2番 Op.5-2
W.A.モーツァルト:パイジェッロのオペラ《哲学者気取り、または星占い師たち》から〈主よ、幸あれ〉による6つの変奏曲 へ長調 K.398
F.シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821(5弦のチェロ・ピッコロを使用)
お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

鈴木 秀美(すずき ひでみ):チェロ

チェロ、指揮、執筆、録音ディレクター、後進の指導と活動は多岐にわたり、サントリー音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。主要な古楽団体でメンバーや首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立し、自身のレーベル《アルテ・デラルコ》からその録音や室内楽等をリリース中。国内外のオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。山形交響楽団首席客演指揮者。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では」(アルテス・パブリッシング)。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科講師。


小倉 貴久子(おぐら きくこ):フォルテピアノ

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞つき首席卒業。日本モーツァルト音楽コンクールピアノ部門第1 位。ブルージュ国際古楽コンクールアンサンブル部門及びフォルテピアノ部門第1 位と聴衆賞受賞。40 点以上リリースのCDの多くが各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉受賞 。第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門【独奏・独唱部門賞】受賞。第48回JXTG音楽賞【洋楽部門奨励賞】受賞。著書にカラー図解『ピアノの歴史』他。シリーズコンサート「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」開催中。東京藝術大学古楽科非常勤講師。http://kikuko-mdf.com


篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器





まず、西方音楽館 木洩れ陽アップルパイ を販売します。









「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く