HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第61回コンサート 

過去のコンサート&イベント

HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第61回コンサート 

西方音楽館友の会 第61回コンサート
国際古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサート

元栃木[蔵の街]音楽祭実行委員会所有チェンバロ(横田誠三作)を活かすことを主軸に、イタリア:スカルラッティ、ヴィヴァルディ、ドイツ:バッハ父子といったバロック後期から終焉の作品を、ソロとアンサンブルでお聴きいただきます。

お詫び

第4回西方音楽祭4月20日(土)14:30~国際古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサートにおいて、チェロの島根朋史が出演できなくなりました。その代わり、当初イタリアン1台の予定でしたが、チェンバロ奏者2人 河本祥太郎と辛川太一が、2台のチェンバロ(横田誠三氏作イタリアンとフレミッシュ)を使い分けます。・イタリアン二段は、元栃木[蔵の街]音楽祭実行委員会所有、現栃木市所有、横田誠三2001年作・フレミッシュ一段(8`,8`,4`)は、今年2月2日西方音楽館に入ったチェンバロ、横田誠三1979作

チェンバロ:河本祥太朗(こうもとしょうたろう)
辛川太一(からかわたいち)
チェロ&ガンバ:島根朋史(しまねともふみ)

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月20日(土) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
島根朋史&河本祥太朗

スカルラッティ:チェンバロ・ソナタ K 132, 133, 208, 58

D.スカルラッティ:ガンバとチェンバロのためのソナタ K 88

W.F.バッハ:ファンタジー  F 21

島根朋史&河本祥太朗

ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ RV 42

(楽器の話 ガンバ、チェロ、チェンバロ)

J.S.バッハ:半音階的ファンタジーとフーガ BWV 903

C.P.E.バッハ:ヴュルテンベルク・ソナタ 1番 Wq 49/1

お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

島根 朋史 (しまね ともふみ) :チェロ

バロック・古典・現代の三刀流チェロ奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、編曲家。 東京藝術大学附属高校、大学を経て、大学院修士課程修了。パリ・エリック・サティ音楽院にて古楽科修了。現在、東京藝術大学博士課程在籍。A.ビルスマ、E.バルサ、C.プリュボウ、鈴木秀美、福沢宏ら諸氏に師事。同声会賞、大学院アカンサス音楽賞受賞。
パリ歴史美術館、東京文化会館にてリサイタルを開催。NHKららら♪クラシックに古楽演奏及び解説者として出演。
古楽オーケストラLa Musica Collana首席奏者。弦楽アンサンブルTGSメンバー。チェロカルテットCasty編曲者・1stチェロ奏者。日本弦楽指導者協会正会員。
第31回国際古楽コンクール〈山梨〉アンサンブル部門で、La Musica Collanaメンバーとして審査員奨励賞受賞。


河本 祥太朗 (こうもと しょうたろう):チェンバロ

兵庫県西宮市出身。高校在学時に古楽に興味を持ち、チェンバロを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科(ピアノ専攻)を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)4年に在籍。これまでにピアノを崎谷明弘、崎谷千恵、荒木美佳の各氏に、チェンバロ、通奏低音を下西美都、広澤麻美、大塚直哉の各氏に師事。またシェティル・ハウグサン、ヴィオレーヌ・コシャール各氏のレッスン、マスタークラスを受講。大学の推薦により平成30年度公益財団法人青山音楽財団奨学生。 第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位入賞、アンサンブル部門でLa Musica Collana メンバーとして審査員奨励賞受賞。


辛川 太一 (からかわ たいち):チェンバロ

兵庫県明石市出身。6歳よりピアノを始め、9歳でチェンバロに出会う。東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)卒業。アカンサス音楽賞、三菱地所賞および安宅賞を受賞。現在同大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。ピアノを島敏子氏に、チェンバロ、通奏低音を大塚直哉氏に、オルガンを廣江理枝氏に、室内楽を鈴木秀美、野々下由香里、福澤宏、若松夏美の各氏に師事。アリーン・ジルベライシュ氏、クリスティーネ・ショルンスハイム氏等のマスタークラスを受講。2018年ブルージュ国際古楽コンクール・セミファイナリスト。スタジオピオティータ・レジデントアーティスト。古楽オーケストラ La Musica Collanaメンバー。東京藝術大学バッハカンタータクラブ副演奏委員長。日本チェンバロ協会会員。第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位。


篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器





まず、西方音楽館 木洩れ陽アップルパイ を販売します。









「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く