HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第62回コンサート 

過去のコンサート&イベント

HOME > 2019年のコンサート&イベント > 西方音楽館友の会 第62回コンサート 

西方音楽館友の会 第62回コンサート
歌とギターによる~「野ばら」から「小さな空」へ~

歌:大塚道子(メゾソプラノ)
ギター: 小川和隆

西方音楽館友の会第59回〜62回コンサートチケットはすべて前売り3,500円
(2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円)
当日4,000円   学生(25歳まで)1,800円

日時
2019年4月21日(日) 14:30〜
場所
西方音楽館 木洩れ陽ホール
曲目
歌とギター

メンデルスゾーン:歌の翼に

シューベルト:野ばら、セレナーデ 

ロシア民謡:悲しき天使、ともしび、カチューシャ

武満徹:小さな空、〇と△の歌、死んだ男の残したものは、翼

ギター・ソロ

ソル:月光、魔笛の主題による変奏曲

ロシア民謡:2つのギター

お問い合わせ・チケット取扱
TEL:0282-92-2815/090-5535-9857(中新井)
■栃木県総合文化センターTEL:028-643-1013
■宇都宮市文化会館TEL:028-634-6244
■栃木市栃木文化会館TEL:0282-23-5678
■栃木市都賀文化会館ハートホールTEL:0282-27-8855

大塚 道子(おおつか みちこ):メゾ・ソプラノ

平成26年奏楽堂日本歌曲コンクール第一位、合わせて中田喜直賞、木下保金メダル賞受賞。平成23年同コンクール審査員特別賞、平成24年同コンクール入選。 宇都宮大学卒業。ドイツリート及び日本歌曲によるリサイタルを開催。“日本歌曲に求める無限の楽しみ”と題する日本歌曲シリーズ(神楽坂音楽の友ホール)、ロシア歌曲コンサート(高崎市)、ベートヴェン「第九」モーツァルト「戴冠ミサ」アルトソロ、飯田隆作曲オペラ「真説カチカチ山」等に出演。
三縄みどり氏、塚田佳男氏、ロシア歌曲を岸本力氏に師事。
現在、演奏の傍ら、合唱団指導、また栃木青少年音楽研究会会長としてコンクール開催などの活動をしている。
栃木合唱団、青空ハーモニーコーラス指導者。
栃木青少年音楽研究会、「響」、日本歌曲<友>の会会員、社団法人日本演奏連盟所属。


小川 和隆(おがわ かずたか):ギター

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。第22回東京国際ギターコンクール第1位。ギターを小原聖子に師事。スペインにてナルシソ・イエペスに十弦ギターを学ぶ。ソロのほか、歌や他の楽器とのアンサンブルで活動の場を広げている。 6枚のソロCDと曲集などを発表。2017年9月発表のハーモニカの崎元讓とのデュオによるCD「優しき玩具」はレコード芸術誌の特選盤となる。
また「野口体操」を基に、身体の自然な動きと重力にのっとった奏法の研究を続け、演奏・教授に活かしている。
公益社団法人日本ギター連盟評議員。スエルトン・ギタースクール(八王子)主宰。西方音楽院(栃木)、NHK文化センター、朝日カルチャーセンターなどの講師を務める。


篤志の方々のご寄付により、フォルテピアノが、西方音楽館 木洩れ陽ホールに設置されました。
クリストファー・クラーク1994年製
(A.ヴァルター1795年モデル)
故小島芳子愛用の名器





まず、西方音楽館 木洩れ陽アップルパイ を販売します。









「3本足のルー」が完成しました。ルーが教えてくれたことは、「子供が育つ」ということ、さらに「人間が育つ」ということへの、励ましとヒントになりました。


日本モーツァルト愛好会のホームページ


“BeyondEMS事業=商社企画型近未来EMS事業”で世界の近未来産業を切り拓く